ラメルジー
Rammellzee

ラメルジー
Rammellzee

■プロフィール
1960年 ニューヨーク、クインーズ地区、ファーロッカウェイにアフリカ系アメリカ人の母とイタリア人の父の間に生まれる。
ヴィジュアル・アーティスト、ゴシック・フューチャリスト、グラフィティー・ライター、パフォーマンス・アーティスト、ヒップホップ・ミュージシャン、思想家、彫刻家と多岐に渡り活動。
1970年代にニューヨークの地下鉄、とりわけ各駅停車のA Trainの列車及び駅構内にグラフィティー活動を始める。
ラメルジーのグラフィティーの主軸はゴシック・フューチャーリズムと呼ばれるアルファベットの規律により決められた標準化に対する文字と象徴的な闘争の間に生まれるせめぎ合いと言った抽象色が強く難解なものであった。

■来歴
1987年 The Equation, Lidia Carrieri Gallery, Rome
1989年 Hip Hop ‘til You Drop, Whitney Museum of American Art, NY
1992年 Coming From The Subway, Groninger Museum, Groningen
1994年 Rammellzee vs. Gen U One (Gen Atem) – Exercises in Self Presentation, Eigen + Art, New York
2006年 Music is a Better Noise, MoMA PS1, Queens, New York
2009年 Looking at Music: Side 2, Museum of Modern Art, New York
2010年 Printin’, with Ellen Gallagher, Museum of Modern Art, NY
2012年 Art in the Streets, The Geffen Contemporary at MOCA, Los Angeles, California
2018年 Rammellzee – Racing for Thunder, Red Bull Arts, New York

■ART WORKS

ヒップホップ映画「ワイルド・スタイル」への献辞
Wild Style Dedication – 2008
acrylic and spray paint on canvas
48.8x49cm