ロブ・プルイット
Rob Pruitt

ロブ・プルイット
Rob Pruitt

■プロフィール
1964 年にワシントン DC に生まれたロブ・プルイットはパーソンズ・スクール・オブ・デ ザインに学び、チェルシーホテルに居を構え、学業よりもパーティー三昧を繰り返す日々でした。 1990 年にニューヨークのレオ・カステリ・ギャラリーで最初の個展を行うも、物議を醸し だす内容であったため、ギャラリーから追放されました。数年間干された後、ニューヨークのゲーヴィン・ブラウンズ・エンタープライズにて洗礼と再生に因んだ初の立体作品の展示「 Evian Fountain 」を開催しました。1998 年にはコカイン・ビュフェなるパーフォマンスを発表し、スキャ ンダルを巻き起こす破天荒なコンセプチュアル・アーティストとして知られるようになりました。 そんなプルイットの作品中最も人気の高い題材が、画面全体にグリッターを散りばめた絶滅危惧種のパンダ・シリーズです。ファッション・デザイナーのマーク・ジェイコブス、 ヴァレンティノ、モデルのクラウディア・シファー、アーティストのトム・サックス、サム・ テイラー=ウッドらから最もハッピーになれる絵と絶賛されています。

Born in Washington DC in 1964
He studied at Parsons School of Design by living at the Chelsea Hotel, and focused his energy on partying rather than studying. 
In the early 1990’s Pruitt began exhibiting at Leo Castelli Gallery in New York; however, because the show contains very controversial content, he was refused to continue to be represented for several years.
Afterwards a NY gallery, Gavin Brown’s Enterprises had Pruitt’s first sculpture show which was “Evian” fountain relating to baptism and rebirth.   
In 1998 Pruitt caused another minor scandal with a piece, called Cocaine Buffet.  In this wise he is treated as a conceptual artist off the wall.  
Among the works by Pruitt, the most popular piece is an endangered specie that is a glittered panda. 
Those who like Marc Jacobs and Valentino, a fashion designer, Claudia Schiffer, a fashion model, Tom Sachs and Sam Taylor-Wood, an artist highly appreciate Pruitt’s creativity to be able to become the happiest mood. 

 

■ART WORKS

カントリー・ガール(カッパー)
Country Girl (Copper) – Executed in 2008
リネン(麻布)にグリッターとエナメル
glitter and enamel on linen
122.1 x 91.5 cm
パンダの世界
World of Pandas – Executed in 2008
キャンバスにアクリル絵の具とエナメル
acrylic and enamel on canvas, in 4 parts
each 71.2 x 56.1 cm