佐藤ブライアン勝彦
Katsuhiko Brian Sato

佐藤ブライアン勝彦
Katsuhiko Brian Sato

■プロフィール
1968年宮城県仙台市生まれ。25歳より独学で絵を学ぶ。
褐色女性を愛らしい動物やコミック・キャラクターと組み合わせた作品で急速に人気を博し、
それらの作品はニューヨークのローブロー・アート誌「Art?Alternatives 」に”Life of Brian”として特集が組まれた。
2001年より地元の仙台市に拠点を移す。2011年、東日本大震災の当事者となった彼は、それまでの明るい作風から、社会や政治的な矛盾、葛藤をテーマにペインティング、立体作品の製作を始めた。
代表的な作品には、ジェーン・バーキンの署名入りブルーシートバーキンがある。
近年ではアートフェアをはじめ、オランダ、スイス、ロサンゼルスなど、国内外で作品を発表している。

グループ展 (主要抜粋)
1995年 アメリカ・ドイツ・日本・現代のポップ・アーティスト展/ギャラリーショウ コンテンポラリーアート(東京)
2000年 The Definitive Retrospective / Copro Nason Gallery (ロサンゼルス)
2003年 Haunted Dollhouse Show/ Copro Nason Gallery(ロサンゼルス)
2008年  Illustrative Zurich (スイス)
2011年 Passion of the East / Go Gallery (アムステルダム)
2016年 70 Creators’ Seven / 池袋パルコ(東京)
2019年 アートフェア東京 /東京国際フォーラム(東京)
2020年 art TNZ / 寺田アートコンプレックス (東京)
2020年 Wave 2020 / 3331 Arts Chiyoda (東京)

Born in Sendai in 1968. Self-taught, he picked up a brush at 25 and quickly gained popularity both in Japan and abroad. In 2001, after a long stretch in Tokyo playing drums for the Tokyo Rhythm Kings and getting his work published in a variety of magazines, he relocated back home to Sendai. Following the Great East Japan Earthquake, he focused more on addressing socio-political themes in his work and also branched out to three-dimensional art. The most notable work is an authrized and signed tarpaulin handbag by Jane Birkin.

He has presented his art works at the art fair in Japan and other countries such as Netherlands, Switzerland and U.S.A. in recent years.

■ART WORKS

パックウーマン 2020 – 2020
acrylic on canvas
65x65cm