EROS
GUIDO ARGENTINI
Selected Works from 1996

2022年1月21日(金)– 2月26日(土)
12:00 - 18:00
日・月・祝 休廊
OPEN TO LOVE, 2004

Sho+1では、2022年1月21日より2月26日までロサンゼルスを拠点に活動するイタリア人写真家、グィド・アルジェンティーニの個展「エロス」を開催いたします。

日本での個展開催はほぼ12年ぶりとなり、アーティストはこの10年のあいだ様々な技法にチャレンジしてきました。近年は、作品の中に独自の物語性を漂わせ鑑賞者の想像力をあらゆる方向から刺激することに関心をもち、風景や物体と女性を一つの空間に並列に収めるシリーズなどに取り組みました。

本展は初期の白黒作品をユニークな手法で焼き直した作品と近年の多様なアプローチを試みた実験的な作品とで構成いたします。

アルジェンティーニの写真はヘルムート・ニュートンのスタイルに大なり小なり影響を受けていますが、ニュートンが被写体に即興的な形でアグレッシブに対峙していくのとは対照的に、アルジェンティーニは緻密な下準備のもと、女性の美を最大限に引き出し様式化することに長けています。

アルジェンティーニは自らのステイトメントの中で、エロスについて次のように述べています。
エロス、エロティック、エロティシズム、これらの言葉は氾濫しすぎており、本来の意味を忘れがちですが、一般的な意味合いでは性的な欲望を誘発するものとして捉えられています。
同時に、大方の集合的想像においてエロティックなイメージとは、背後に隠されている概念的側面が優雅なタッチで表現されているもので、いわゆる表層的なポルノグラフィックなものとは区別されます。
実際に、エロスの概念は全く異なった次元に複数存在し、それぞれが深い趣きを有しています。
エロスはプラトンの『饗宴』の中で悪魔、または人間と神の中間、さらには物質界と霊界の間に介在する生命力として描かれています。

エロス本来の意味は愛であり、美しさの探究なのです。

グィド・アルジェンティーニ

アーティスト・ページ


NEWS
art stage OSAKA 2022New!!
NEWS
Art Fair Tokyo 2022
NEWS
年末年始のご挨拶
NEWS
Covid-19 Diptych - Childhood self-portrait foreseeing the COVID-19 and inside the Wuhan Institute of Virology, 30 x 30 cm diptych, acrylic on canvas
Reality and Virtuality アーティストのご紹介 vol.2
NEWS
Reality and Virtuality アーティストのご紹介 vol.1
NEWS
赤西千夏の新作を展示しております