Reality and Virtuality
現実と仮想

参加作家
付箋girl、佐藤ブライアン勝彦、原神一、三澤憲司、津田みなみ、赤西千夏、TK、櫻井充、
四宮彰吾、木村尚樹 

2021年11月26日(金) - 2022年1月15日(土)
12:00 - 18:00
日・月・祝 休廊
※冬季休業 2021年12月26日(日) - 2022年1月6日(木)
赤いマントのヒーロー
四宮彰吾 MYSTERIOUS – hero 1, 2021

Sho+1では、2021年11月26日(金) から2022年1月15日(土)までの期間、グループ展「Reality and Virtuality 現実と仮想」を開催いたします。

誰かの『今』を毎日付箋に描き続けている付箋girl、褐色女性をメインに描き超現実的な異次元空間を創出するスタイルをベースに、時にはその時代が抱える矛盾や諸問題をテーマに制作をする佐藤ブライアン勝彦、世界各国を旅する中でグラフィティ、スプレーアートに影響を受け、占星術、DJ、精神探求などの活動を経てアートに回帰してきたTK、2021年8月開催の写真展に引き続き「Bokeh=ぼけ」の概念への探究を進化させた四宮彰吾に加え、それぞれ新作を展示予定の原神一津田みなみ赤西千夏、そしてギャラリー・アーティストである三澤憲司櫻井充木村尚樹の作品で構成いたします。

是非この機会にご高覧ください。


NEWS
art stage OSAKA 2022New!!
NEWS
Art Fair Tokyo 2022
NEWS
年末年始のご挨拶
NEWS
Covid-19 Diptych - Childhood self-portrait foreseeing the COVID-19 and inside the Wuhan Institute of Virology, 30 x 30 cm diptych, acrylic on canvas
Reality and Virtuality アーティストのご紹介 vol.2
NEWS
Reality and Virtuality アーティストのご紹介 vol.1
NEWS
赤西千夏の新作を展示しております